「20%の税金がタダに」2014年スタートした「NISA*少額投資非課税制度」の初年度を終え反省とまとめ

そもそもNISAとは?

スクリーンショット 2014-12-26 19.54.30

NISA口座で取引をすると税金面で大きなメリットが受けられるとCMなども多く見かけたので、国内株式投資家や興味のある方の中でこの言葉を知らないという人はいないのではないでしょうか?
年間100万円までの新規投資分を対象に、そこから得る譲渡益と分配金・配当金への課税が5年間、非課税。
100万円は、その1年間で行うことのできる新規投資の上限になります。
(年の途中で売却しても、空いた枠は再利用できません。)
投資可能期間は2014年から2023年までの10年間続き、毎年新規に100万円の非課税枠を使うことができます。
さらに税制改革にてNISA非課税枠を120万円に拡大するとの案を金融庁が示し、非課税枠を100万円から120万円に拡大、新たに20歳未満の子ども向けNISAを創設するとの発表もされました。

このNISAは国からのメッセージ

  • 「将来のための計画的な資産設計をちゃんと考えろ」
  • 「他国との比較において、日本人の多すぎる預貯金を投資に使ってみろ。
  • 「アベノミクスで経済もなんとかするからみんな投資しろ」
  • 「投資で儲けた分の税金は見逃してやるから頑張れ」

簡単に言うとこんな国からのメッセージなのです。
先の衆院選から自民党の長期政権も確実されている今、今からこの国策にのるのも悪くはないと思いませんか?

NISAは短期売買手法(デイトレ)には無意味

新規購入枠にしか使えないという点でデイトレ手法には一切効果を発揮できません
NISAは新規購入の際に必ず購入枠を消費します。
あなたが10万円の銘柄でデイトレをしているとします。
NISA口座で毎日1回ずつ売買すると、非課税枠の100万円を毎日10万円ずつ消費します。
結果、僅か10営業日でNISAの非課税枠が無くなってしまい、その後の損益は通常の課税対象となってしまいます。

このことから僕の周りのトレーダーはせめて1000万以上、3000万くらいの枠がないと意味がないという声が多いです。

NISAを一番活用するのは長期投資

  • 2014年年末時点での一番のNISAの効率的な利用方法ですが
  • 長期投資
  • 取得株価が低い
  • 3年後に株価が2倍、3倍と上昇している銘柄
  • ハイリスクでハイリターン銘柄
  • 新興市場銘柄から長期保有できる銘柄

上記を踏まえて利用するということかと思います

100万円の銘柄が数年後に数千万円に

そんな夢みたいな話と思うかもしれませんが、大化けが期待できる銘柄は存在します。

数千万円儲けて税金0円って考えると非常に魅力的な感じがしますよね。
「テンバガー(10倍株)」
「ハンドレッドバガー(100倍株)」

などと言われて常に投資家の方から狙われている株銘柄をNISAで長期保有することをお勧めします。
かぶりつきでも常にこの高騰銘柄を選出してご紹介していきますので、どうぞご参考にしてくださいね。