【年末年始】休場停止時間のポジション持ち越しはできる限り避けましょう

週末にポジションを持ち越すのは極力さける

特にこの年末年始は通常営業時間や取引時間がイレギュラーな為、週末持ち越しを控えておくことをお勧めします。

含み損などを抱えている場合は、損切りにふんぎる事が難しい気持ちもわかります。

ですが、土日になにかファンダメンタル的な重要な問題や、地政学リスクなどが発生した場合に何もできずハラハラしたまま大きく損失を抱えてしまう場合があります。

特に年末年始はできる限りポジション・保有枚数を軽くしましょう

僕個人的にも当然、少ない含み損であれば、出来るだけ休場前に決済するようにしています。特にここ数年は紛争や感染症のリスクなども多く、いつ何が起こるかわかりませんので注意が必要です。ご自身が取引している証券会社のシステムのお知らせやホームページなどで休場停止時間も把握しておきましょう。

エントリーしたポジションや保有した銘柄の含み損を受け入れたくないお気持ちはわかります。
ですが、結局持ち越してもそれは悩みを抱えている時間を増やす結果を招くだけだったりします。

相場に100%はありません。常にリスク管理を

特に年末年始の取引ができない時間に大きな事件や問題が発生してしまったら、大晦日やお正月も気が気じゃないという時間を過ごしてしまうかもしれません。年末年始、お正月には気持ちを切り替え、また新たな気持ちで休み明けにチャートをみて判断することで健全で安全なトレードが可能になります。