【初心者講座】勝つトレーダーに必須の経済指標GDPって何?

GDPは日本では内閣府が3ヶ月ごとに発表してます

そもそもGDPとは何かというと国内で生産された財・サービスが生み出す付加価値の合計です。
この数値はそれぞれの国の経済規模を表します。GDPの名目の値から物価上昇分を差し引いたものを実質GDPといい、その伸び率を実質経済成長率といいます。

ちなみにGross Domestic Productの略です

関連記事
【経済】GDP5年ぶりマイナスへ、あのリーマンショック以来の数字に衝撃
【GDP】日本の1人当たりGDP世界13位→19位に低下…そもそもGDP(国内総生産)ってなに?
【アメリカ最強】米GDPが大幅な伸び、5.0%増…国内最終需要は4.1%に上方修正【一方日本は…】

 

GDPはその国の経済の力の目安によく用いられます。

また、経済成長率はGDPが1年間でどのくらい伸びたかを表わすものです。経済が好調なときはGDPの成長率は高くなり、逆に不調なときは低くなります。
つまりGDPが大きく上昇するほど国力が強くなるという目安に利用されます。

スクリーンショット 2014-12-27 17.05.43

スクリーンショット 2015-01-30 19.27.03

 

GPDがプラスは経済的に強い国である

国の経済は成長しているか?景気はいいか?といったことがわかる。
GDPの数値がプラスということは生産量が増え、働く人や給料も増えている状態、お金を使う人や消費も増えたとの認識です。

世界GDPランキング順位はこちら

1位:アメリカ
2位:中国
3位:日本
4位:ドイツ
5位:フランス
6位:イギリス
7位:ブラジル
8位:ロシア
9位:イタリア
10位:インド

*2013年の名目GDPランキングになります

関連記事
【経済】GDP5年ぶりマイナスへ、あのリーマンショック以来の数字に衝撃
【GDP】日本の1人当たりGDP世界13位→19位に低下…そもそもGDP(国内総生産)ってなに?
【アメリカ最強】米GDPが大幅な伸び、5.0%増…国内最終需要は4.1%に上方修正【一方日本は…】