【FX】2月2日は米・個人所得(前月比)個人支出(前月比) さらにISM製造業景況指数も

2.2(月)ドル円チャート

写真 2015-02-02 18 48 49

2.2は重要経済指標が連発

先週までは欧州の動向、ユーロの動きに先導されるような形でレンジ形成中のドル円チャート
今日の22:30の経済指標発表からまた新たにトレンド形成されていくのかが注目されます。

ある意味でドル円の迷走を表したレンジチャートにレンジブレイクがおこるかが注目です。

スクリーンショット 2015-02-02 18.44.46

米・個人所得(前月比) とは

個人所得は消費の最大の決定要因で、社会保険料を控除した後の、個人が実際に受け取った金額。米商務省が個人支出と同時に毎月月末(夏時間:日本時間午後9時半、冬時間:日本時間午後10時半)に発表。

米・個人支出(前月比) とは

個人が自動車や家電製品などの耐久財、外食や旅行などのサービス支出、食料や衣料などの非耐久財がへ消費支出した金額。米国のGDPの約7割を個人消費が占める為、非常に注目される。米商務省が個人所得と同時に毎月月末(夏時間:日本時間午後9時半、冬時間:日本時間午後10時半)に発表。

米・ISM製造業景況指数 とは

ISM(Institute for Supply Management:供給管理協会)が発表する製造業における景気転換の先行指標。50が景気動向の良し悪しを測る分岐点。主要経済指標の中で最も早く発表される。また、景気転換の重要先行指標として関心が高い。又、生産、受注、雇用等の副次指標も注目される。毎月第1営業日(夏時間:日本時間午後11時、冬時間:日本時間午前0時)発表