【初心者】勝利投資におけるボーナスステージ、設定6、それは月曜日の早朝にあり!

月曜日の窓狙い

投資家ならまずは押さえておくべき月曜日の窓
特に週末に大幅な値動きがあった時は非常に効果的かつ、知っておくべき現象
それがこの今回のテーマの月曜日の窓です。

投資家の方の中には月曜日だけは早起きするという方もいるほど重要なこの現象
勝利のために真似するには一番簡単な取引方法とも言えます。

一番基本的な法則とも言えます

窓とは簡単に言うと、月曜日の朝に市場が始まった瞬間に、隙間ができます。この空いた隙間を窓と言います。そして不思議なことに、その市場原理では空いた窓を埋めようと1本目のローソク足で上に窓があいた場合、その次のローソク足で下落に転じる可能性が高いということ。逆の場合も同じで、月曜日にかなり安く寄り付き下に窓(隙間)があいた場合も、数本のローソク足のうちに上昇に転じ、窓を埋めようと動く。

これが窓埋めの法則です。

スクリーンショット 2015-02-23 1.22.08

窓閉めの状態

スクリーンショット 2015-02-23 1.22.16

高い確率で窓が埋まるなら狙うしかない

投資において絶対という言葉は厳禁ですが、確率的に次はどう動くのかというのを知ることができればあなたの資産はどんどん増えます。
この月曜日における窓は出現率が可能性が高く、前週NYで終わった為替値が週明けに早朝シドニーから始まる時、比較的大きな窓が発生しがち。この窓が埋まるという方程式から照らし合わせると、窓埋めの動きが鉄板なので、空いた窓を埋めるようにご自身トレードを行うということで短期的に利益を出すことができます。

FXにおいては窓は発生しにくいが、月曜は特別

FXは24時間取引可能であり、取引されている間はレートが飛ぶということはほとんどありません。窓=値動きのギャップであるために、24時間動いている相場ではあまり窓は発生しません。(大きな経済指標の場合は別)しかし、月曜日だけは土曜日の終値と月曜日の始値が乖離しこの窓が発生しやすいのです。

窓は必ず埋まるのか?全力の取引で大丈夫なのか?

この問題に関しては、必ず埋まるのかと聞かれれば答えはNOです。
逆に、トレードをする上で過去の月曜日早朝のチャートをにらめっこしてそのデータを割り出してみる必要が有ります。
しかし、もしもあなたがそのデータを手にした場合、同時にやはり月曜日の窓埋め狙いはチャンスなんだと理解することができると思います。

トレーダーの中には月曜日の数時間しかトレードしないという手法の方もいるくらい、激動の相場状況の中でもわかりやすく勝利しやすい手法ではあると思います。
もちろん初心者の方は無理は禁物です。こんな概念があるんだということを頭に入れて、知っておいてほしいという気持ちからこの記事を書きました。

実際にポジションを保有しなくても分析することはできます。
今週に限らず、月曜日の早朝の窓という概念だけは常に気にしておいて損はないと思います。

皆様に爆益あれ!