【4502】武田薬品、壮大な実験?前代未聞の事態が進行 外国人幹部主導の「根こそぎ国際化」

【4502】武田薬品株価

1年チャート

3ヶ月チャート

武田薬品、壮大な実験?前代未聞の事態が進行

外国人幹部主導の「根こそぎ国際化」

武田薬品工業が2月5日、2015年3月期決算見通しを上方修正して発表した。売り上げは約1兆7250億円と据え置いたが、営業利益を約1700億円と200億円ほど上積みした(いずれも連結ベース、以下同じ)。

前年となる14年3月期に約1兆6900億円だった売り上げはほぼ横ばいだが、営業利益は約1390億円だったので今期は着実に改善して、業績は上向き始めていると読める。

15年3月期の業績見通しが特に注目されるのは、昨年6月にフランス人のクリストフ・ウェバー氏が社長に就任したからである。 ウェバー氏の薬品業界における経歴は、まばゆいばかりだ。

仏リヨン第1大学で薬学博士を取得後、世界的医薬品メーカーである英グラクソ・スミスクライン(GSK)に入社、 ヨーロッパ、アメリカ、アジアにおけるワクチン部門を統括した後、GSKフランス会長兼CEO、GSKアジア太平洋上級副社長兼地域統括などの国・地域責任者も歴任している。

武田に入社する前はGSKワクチン社長兼CEOの責を果たしていた。グローバルな大企業で、特定の製品ラインの事業責任と地域責任の両方を47歳の若さで経験してきた。 武田の長谷川閑史会長は、ウェバー氏招聘について次のように語っている。

「クリストフのような人材は、そういうところまできちんと手を打っておかないと来てくれません。 それについてどうこう言う人は、世の中の現実が分かっていないのだと思います」
(3月2日付日経ビジネスオンライン記事『強面の武田薬品会長が初めて漏らした本音 なぜ長谷川氏は「外国人経営」を決断したのか』)

「そういうところまで」とはCEO就任のことであり、すでにウェバー社長が4月1日付でCEOに就任することが発表されている。 ウェバー社長が就任以来手がけてきた経営改革について長谷川氏は、「私がやってもできません。 形だけはできるかもしれませんが、彼が今手がけているような実態を伴ったレベルまではできません」 (同記事より)とまで評価している。

実は14年10月、武田は株式時価総額で初めてアステラス製薬に抜かれるという事態に直面した。 もちろん社長就任直後のウェバー氏の責に帰するものではないし、そんな事態に差しかかってきたからこそ、長谷川氏はウェバー氏を招請したのだろう。

長谷川氏の「タケダ・グローバリゼーション」への覚悟は強い。 経営の最高執行機関として「タケダ・エグゼクティブ・チーム」を組成したのだが、ウェバー氏を筆頭に外国人が16人中10人を占めている。 これらの外国人幹部らも、ウェバー氏の存在がなければ獲得はならなかったと長谷川会長は振り返っている。 武田は、経営の上層部から根こそぎ国際化しようとしており、同社ほどの国内大企業では起こり得なかった事態が起こっているのだ。

外国人の経営トップ起用、分かれる成否

近年、国内大企業、それもオーナー系の大企業で、従業員社長ではなく外部からプロ経営者を招くケースが目立ってきている。 LIXILの藤森義明社長やベネッセの原田泳幸社長などだ。しかし外国人の経営トップを推戴したケースでは、成否が分かれている。

日本板硝子は買収した英国法人社長を本社社長としたが、家庭の事情で退任してしまった。 ソニーのハワード・ストリンガー前社長は、製造業としてのソニーの本質をついに理解できなかった。 昨年タカラトミーがオランダ人のハロルド・メイ氏を副社長に迎えたが、目立った成果を上げていない(本連載記事『タカラトミー外国人社長、改革小粒&遅く期待外れか』)。

一方、オリンパスで大騒動を起こしたマイケル・ウッドフォード氏のケースは、大成功だったと評価できる。なにしろ前任経営者の犯罪を暴いたのだから、企業ガバナンスを徹底して改善した。あんな荒事は、とても日本人の後継経営者ではできなかった。

過去の事例では、外国人経営者を招いた企業の文化が、その経営者を潰してしまうケースが多かった。 武田の場合は、ウェバー社長というグローバル・リーダーが典型的な国内大企業を企業文化ごと変えてしまうのか。日産自動車のカルロス・ゴーン以来の大変革を見てみたい。

2015年3月23日 6時0分 ビジネスジャーナル(文=山田修/経営コンサルタント、MBA経営代表取締役)

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9919737/


3:2015/03/23(月) 11:46:13.31 ID:

オリンパス成功してねぇだろw

7:2015/03/23(月) 12:06:11.27 ID:

>>3
いやオリンパスの金融財政の不正・腐敗・闇地獄を暴ききったのは日本人じゃ出来っこない。
スッキリさせての再出発できたのは彼のお蔭だ。

11:2015/03/23(月) 12:32:13.14 ID:

>>3
企業ガバナンスという点では成功だったと思うよ

24:2015/03/23(月) 13:22:41.36 ID:

>>7
ってか暴かなければ暴かないで別に問題になる話しでもなかったべ?

別に会計基準が英米法になった事で、資本が会計上の時価総額の損失が出ただけで、別段どうこうという話じゃないし

例えば50億で買った本社ビル用地が不況で25億になっても、本社が建っていて使ってるだけな話なら別に25億の減資にする必要は本来的に無い訳でな
なんか英米法ってアホらしくね?

26:2015/03/23(月) 13:31:15.35 ID:

>>24
投資家には重要な情報だ。

33:2015/03/23(月) 14:02:19.18 ID:

>>24
資産を切り売りするときには、市場価値をリアルタイムで知る必要があるってことでしょ。
だからM&A時代になるとそういう会計を求められるってこと

4:2015/03/23(月) 11:48:08.63 ID:

なんだか相撲の世界みたいになってきた。


5:2015/03/23(月) 11:48:29.09 ID:

アリナミン7は、たまに飲んでる


6:2015/03/23(月) 11:56:37.31 ID:

所詮、世界では10位以下だろう
国内でこそトップだが

9:2015/03/23(月) 12:27:05.82 ID:

日本の製薬企業は世界レベルに達していない
その理由はズバリ厚労省による保護政策にある
その結果、日本の製薬企業は競争力がなくても生きながらえる事ができた
しかし、それももう限界に近づきつつある
日本の特殊な保護政策がなくなれば、日本で生き残れるのはトップ2-3の企業ぐらいだろう
200ほどある中小の製薬会社は全て吸収合併されて潰れるだろう
12:2015/03/23(月) 12:33:43.23 ID:

>>9
そんなのどこの国でも一緒だろアホなのか

10:2015/03/23(月) 12:31:58.45 ID:

地方経済を支えた建設業を徹底的に批判して地方経済を破綻させたマスコミは官民ズブズブで税金垂れ流しの医薬業界にはノーコメント

15:2015/03/23(月) 12:44:13.92 ID:

日本人はそういうのに向いていないから絶対失敗するよ。
利き腕を縛ってボクシングするようなもんだ。

株を持っている奴は今のうちに売り逃げしておくことだな。


17:2015/03/23(月) 12:50:35.31 ID:

製薬企業は、身の丈合った経営してれば数十年安泰なんだから1つくらいこういうとこあっていい
中小の聞いたことない会社がどんだけ多いことか


21:2015/03/23(月) 13:18:14.32 ID:

外国人かどうかに関係なく、その会社の本業に精通してる人かどうかで決まるんじゃないの?
原田や雪国まいたけみたいに異業種からつれてきた人間やらせると失敗して、
ゴーンみたいな業界生え抜きにやらせると失敗するんだろ。
22:2015/03/23(月) 13:19:44.06 ID:

>>21
>>ゴーンみたいな業界生え抜きにやらせると失敗するんだろ。
間違えた。こっちは成功

 


35:2015/03/23(月) 14:27:33.48 ID:

武田は食い物にされて10年後には経営そのものが危うくなる
予言しておくぞ


40:2015/03/23(月) 14:57:41.60 ID:

部門長、チームリーダー、マネージャークラスの半数以上が外国人なら
国際化とも言えるけどな…


41:2015/03/23(月) 14:59:13.97 ID:

数年前に退職金で武田の株を買った。
当時は配当利回りが良かった。
今、含み益が数百万になった。
売ろうか持続しようか迷っている。
皆さんならどうしますか?


50:2015/03/23(月) 15:57:49.74 ID:

武田薬品がアメリカで訴えられた金額は、6200億円。この裁判はどうなるのか?


51:2015/03/23(月) 16:09:32.02 ID:

グローバルというハイエナの餌食にならないでね。