【銘柄一覧】ネガティブ要素満載の株主の個人情報漏洩問題、渦中の企業株価まとめ

株主の個人情報が漏洩するという由々しき事態に

インベスター・ネットワークスは自社開発のサービス「株主ポイント倶楽部」をベースにして、株主向けサイトをサンリオのほか、アルデプロやゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)、トランスコスモス、ロート製薬に提供している。このうちアルデプロとGDO、トランスコスモスの登録者へのスパムメールを確認したため、昨日にスパムメールに対する注意喚起のメールを登録者向けに配信したという。

システム委託先はインベスター・ネットワーク

スクリーンショット 2015-04-09 4.56.46

該当企業の1週間チャート

【8136】サンリオ

【8125】アルデプロ

【3319】GDO

【9715】トランスコスモス

【4527】ロート製薬

 

株主の個人情報が漏洩というありえない事態に

サンリオは2015年4月8日、最大で株主6249人分の個人情報が漏洩した可能性があると発表した。
株主の氏名や住所、性別、生年月日、メールアドレス、電話番号、株主番号が漏洩した可能性がある。パスワードは「暗号化しているため漏洩の可能性はない」としている。漏洩経路などは調査中で判明次第公表するという。同社は2014年12月から株主向けに株の保有数に応じたポイントで株主優待品を選べる「サンリオ株主ポイント倶楽部」を提供し、7日時点で6249人が登録していた。

 

スクリーンショット 2015-04-09 4.41.39

サンリオ株主ポイント倶楽部は2014年12月にサービス開始したばかりだった

スクリーンショット 2015-04-09 4.47.58
スクリーンショット 2015-04-09 4.46.277日7時過ぎに株主から「同サイトにしか登録していないメールアドレスに投資勧誘メールが届いた」という問い合わせがメールで寄せられた。調査を進めると複数の株主に同様の投資勧誘メールが届いており、「株主の名前が文面に入っていた」(サンリオ広報)。情報漏洩の疑いがあると判断して、同サイトの運営と情報管理を委託するインベスター・ネットワークスに調査を依頼するとともに、同日夜にサイトを停止した。

江森進常務などが東証で記者会見を開き情報漏洩の疑いについて陳謝。調査翌日に会見を開いた理由を同社広報は「株主保護を優先した結果」と話す。サイトを再開するかどうかを含め今後は未定。サイトに登録した株主には今日付けでお詫びと注意喚起のメールを送るという。

同社担当者は「提供サービスは各社ごとにカスタマイズが大きい。専門家の下で情報セキュリティに十分配慮したサービス開発を進めてきたが、当社サービスからの情報漏洩の可能性を含めて調査を進めている。ご迷惑をおかけして申し訳ない」と話す。
GDOとロート製薬の広報担当者は「株主からの問い合わせは来ていない」と話す。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/040801224/


8:2015/04/09(木) 03:02:52.33 ID:

子供の情報ばっかり盗まれてるよね

9:2015/04/09(木) 03:05:16.24 ID:

>>8
漏洩したのは株主情報であって、サンリオの顧客情報ではない。

12:2015/04/09(木) 04:10:24.42 ID:

他社も含まれてるから委託先がお漏らしなんだろうなあ。